人気ブログランキング |

2008年9月SDへ→2013年6月に帰国。小3・2学期からの娘の英語維持の取組みを書き綴っていましたが、2017年8月より再び渡米。日々の生活記録です。


by fromsandiego
この夏の一時帰国は6週間。
航空券を手配した半年前は「日本に帰りたいモード」に入っていたため日程が長め
ちょっと長すぎたかな…と思っていたけれど、あっという間に過ぎてしまった気がする。


東京、静岡、京都、大阪に滞在。

〈したことリスト〉
人間ドック、眼科、歯医者など病院巡り
高校・大学見学、高校合同説明会
娘をボランティア場所まで送る(3か所)
ミュージカル
浴衣着付け&祇園後祭り
和菓子体験
東寺骨董市
絹谷幸二・天空美術館
城崎温泉&天橋立旅行
映画「アラジン」


娘は親友宅に2週間ホームステイさせていただいたり
私は合間合間に沢山の友達に会った
グルメなパパの実家では美味しものを沢山食べさせてもらった
ざっと思い出しただけでもこれだけ


時間さえあれば娘とショッピングに出かけたり始終動き回っていたけれど
流石に暑すぎて一日中外という訳にはいかないので
本も沢山読んだ。9冊?
心に残っているのは
「みかづき」「蜜蜂と遠雷」「とんび」かな



アメリカに戻ってきて思ったこと

~これからはもうちょっと丁寧に暮らそう~




皆に親切にしてもらって、楽しい時間を過ごさせてもらって、
時間に追われずゆっくり本を読む時間まであって
※パパ実家には「予定入れ過ぎ・忙しすぎ」と言われていたけれど※
何だかすごく良かった。
こんなに周りに良くしてもらっている分を少しは還元したい。
普段からせわしなく動き回る性質の私
いつも先を考えていて、その時は楽しんでないことが多々あるんじゃないか、と。
その慌ただし過ぎるエネルギーは人にも影響を及ぼしてるよな、きっと
「(そんな時間のかかること)」面倒臭い!」って言う癖も反省



で、ラジオ体操と腰痛予防体操をして一日をスタート→掃除。
最近レシピ本を開く事なんてなかったのに数冊取り出してみた。
よしタンドリーチキンにしよう。
生姜を擂ってニンニク擂って、そのレシピは檸檬の代わりに梅干しを使ってあったのでたたき刻む…
ヨーグルト&香辛料と漬け込み中。
帰国前からトータル2カ月溜まっている新聞をちょっとずつ読んだり


今週はまだ娘がお休みで、自分の予定も無いのでこんな感じで過ごせるけれど
休みが終わったら持ち続けられるだろうかこの気持ち。

目標:「面倒臭い」って言わないぞ~!!!











# by fromsandiego | 2019-08-20 07:48 | 健康 | Trackback | Comments(0)

TOEFL結果

6月下旬に初めて受けたTOEFL
結果がオンラインで確認できるように。

思いの外良かったー☆☆☆
ライティングは満点まであと少し!
※タイピングの直前練習した甲斐あり!かな?
けど自己申告通りリーディングが足を引っ張ってました。
まあ、本人も出来なかったと自覚していたから、それだけでも進歩。

だって…思い起こせば小学生の頃
英検受けさせようかな、どの級が妥当かな、と練習問題を少しやらせてみたところ、
上の方の級でも結構な確率で正解。
だけど
私:どうしてこれが正解なの?
娘:なんとなく

…って答えるんですよ!! 感覚で当たってしまう。
それって本当に分かった上での正解じゃないから余り意味ないよね(;'∀')

娘がTOEFLの練習している同じ空間に居て(ちゃんとは見てない)
TOEFLは英検よりは誤魔化しにくいんじゃないかと感じました。

回数を重ねる毎に慣れて点数が上がるという情報もあるのでそれもそうなのかも。
また比較的簡単な時と難しい時があるとも聞く。
もしかしたら今回は簡単だったのかな?
だったらあの高校生(前回のブログに書いた)オファーが来ている大学レベルに達したかな?
今頃笑顔だったら良いな。


# by fromsandiego | 2019-07-09 16:56 | 英語力向上を目指して | Trackback | Comments(0)
週末にTOEFL ibtを受ける娘を連れて会場に。

私:ねぇ、身分証明書を見せて登録した後、必要ないんだったらママが持っとくから、試験官の人に聞いて~(失くしたら嫌だから)
娘:自分で持っとかないといけないんだって~

と受付で日本語で話していたら、2人の日本人の青年たちがすぐそばに立っていて
「試験中に机の上に置いとかないといけない」のだと教えてくれた。

私:そうなんだ、ありがとう。
青年:いえ。
私:もう何回か受けてるんですか?
青年:はい。半年間で、今回が7回目です。

よく聞くと、日本から野球留学のために渡米しているとのこと。
彼の場合は、すでに大学からオファーが来ているんだけれども、入学に課せられている英語レベルにまだ達していないのだそう。
日本に居る時からTOEFLを受け始め、今は会場でもある語学学校で勉強しつつ受け続けてる、と。
と言う事はまだ渡米してから半年は経っていないんだよね。

その青年たち、ハキハキサバサバしていて、まあ爽やかなこと。
多分高校3年生が終わっととこ?もしかしたら2年生?
ティーンの時代の1年は大きいと言えども、うちの娘と3歳くらいしか違わないよね?
その子たちが夢を追いかけてアメリカで挑戦してるなんて…
きっと野球が好きで、野球中心の生活で、急に英語が必要になって、夢を叶えるために頑張ってるんやなぁと思ったら
私、思わず
「すごいなぁー。偉いなぁー。大変やと思うけど頑張りやー。将来テレビで見られるの楽しみにしてるでー♪」
と関西のおばちゃん丸出しで応援してしまった笑


野球留学を斡旋するエージェントがあるらしく、その子たちのエージェント(いくつもあるのかは知りません)からは毎年30名くらいが渡米してくるんだって。私の周りでは中国人&韓国人で夢を目指して母子留学している人たちは沢山いるけど、日本人の子には初めて会った。しかも親なしで。
ここ数年(それ以上)「日本は世界とは戦えないな」と感じていたので、頑張っているその子たちを見てとっても誇らしく思いました。
本当に頑張って欲しい☆☆☆


☆☆☆☆☆

さて、うちの娘のTOEFLの感想は…

Reading読解セクションが難しかったー!って(;^_^A
実は練習問題に取り組んでいるときは一番できていただけに、出来なかった感が余計に増したんだと思います。
57問中、2問は空白で出した(テキトーな娘の自己申告だから正しい情報かは不明)。
解答したものも合っているかは自信無し、なんだそう。
練習問題の時から苦戦していたSpeakingはやっぱり「難しかった」そう。


初めての受験だったし、最年少(当日受けに来ていた人の中では)だったし、まあ仕方が無いかなと思います。

私:今回はどんなもんか見るために受けたんやから、大丈夫。また来年受けよっ!
娘:うん、来年頑張る!
私:試験の前だけ頑張ってもあかんと思うよ。日頃から読書する方が良いと思うよ。
娘:分かった☆

と言ってますが…どうかな?
乞うご期待☆☆☆



# by fromsandiego | 2019-07-02 06:31 | 英語力向上を目指して | Trackback | Comments(0)

お父さん♪

娘がバイオリンの先生にかなり前に言ってしまったんです
「来年くらいに日本に帰る(本帰国)と思う」と。
その時は高校1年生の4月に帰ろうか、と自分で思っていたためなのですが、
その後すぐに気持ちが変わり、今は「もう少し長く居たい」と思っています。

バイオリンの先生にもその旨伝えたのですが、先生の中では最初の情報から更新されず…
娘だけじゃなく私も「で、いつ帰国するの?」って3回くらい聞かれる(;'∀')(;'∀')(;'∀')
※娘と私で6回くらい聞かれてると思う(;^_^A

頭の回転が速く、熱血&親切で、子ども大好きで、すご~く良い先生なのですが、
何十人と生徒がいて、ユースオーケストラも指導し、自分が演奏するオーケストラもありなので、何せ忙しいんです。
絶対必要なことは逃さないけど、それ以外の事は忘れる忘れる
笑えるほど忘れる~。
だから必要なことはメールで伝える方が良い、けど余り早い時期にメールすると忘れるから直前が良い☆
けど「まだ辞めないよー」ってメールするような内容じゃ無いから聞かれるたびに答え続けてました。

昨日のレッスンでも4回目聞かれました。
今回のは忘れたからじゃ無くて確認のためだと思います。
だって先日、夏明けの9月から翌年6月まで活動があるオーケストラに申し込んだから。
先生「へっ!?帰らないの?」って思ったんでしょう( ´艸`)。


こんな忘れる先生だけど、娘も私も大好きで、今まで家では「ミスター」って呼んでたけれど
最近「お父さん」と呼ぶように笑。
※娘の本当のお父さんは「パパ」

私:お父さんからテキスト(メール)来たよー
娘:笑笑笑


お父さんに教えてもらい始めて1年、娘の中ではかなり上達しています。
が、他の生徒さんたちのレベルが高過ぎ―。
※プロが参加するサマーキャンプに参加する子もいるくらいΣ(・□・;)
ついつい比べてしまい
ああ、まだまだなんだなぁ~と勝手に劣等感を抱いてしまうダメ母(私)。
※パパはクラシックが大好きなために、娘が練習した後は必ずCD(クラシック)をかけます。
 私:あ、パパまた(お口直しならぬ)お耳直ししたはるでぇ~
 娘:パパ~!(ひどい)笑


本人は気にしていないと思います(これは良し!)
そして3月から3カ月半参加したオーケストラで更にやる気になった気もする。
良く説明できないけど…これまでより一生懸命練習しているような気が…。
「先生の(娘は)もうすぐ辞める」という記憶が塗り替えられたこのタイミングでグッと伸びてくれないかなぁと淡い期待を抱いている私。


あ、練習するために今娘が部屋の窓を今閉めました☆☆☆




# by fromsandiego | 2019-06-29 05:27 | バイオリン | Trackback | Comments(0)
夏休みに入ってから娘とボランティアをしにフードバンクへ行きました。
先週&今週の2回。
倉庫に集められた賞味期限が切れた(切れかけ?)の食べ物を
必要な人に配れるように小分けしていく作業です。

1回目はリンゴとトウモロコシ。
2回目はオレンジとプラム。
それぞれ4ポンドずつ量ってネットへ入れる。
腐ったりカビが生えたりしているのがあるのでそれらを除きながら。

1回2時間の作業。
喋りながらできるし、没頭したければ無になってできるし、これで少しでも役に立っているならとても良い♪


アメリカではボランティア活動が大学受験に有利になるので
長期休みに入るとボランティア枠がすぐ埋まってしまうんです。

けど、参加者の運営スタッフとの会話を聞いてしまいました。

参加者:無断不参加の人ってどのくらいいるんですか?
スタッフ:10数%くらいかなぁ
※当日は15人枠が埋まっていたのに、来たのは14人。
参加者:そんなに悪くないね。申し込みせずに来る人います?
スタッフ:いるよ。この間なんて50人枠なのに70人来たんだから!

…って( ゚Д゚)
どこまでもいい加減なアメリカらしい。
予約しなかった20人も参加できたのかなぁ。
きっと出来たんだろうなぁ。

そんなにきっちり守らなくても良いのかも…。
けど、予約なしで行くなんて、きっとできない&しないな、わたしは。







# by fromsandiego | 2019-06-26 14:20 | ボランティア活動 | Trackback | Comments(0)