2008年9月SDへ→2013年6月に帰国。小3・2学期からの娘の英語維持の取組みを書き綴っていましたが、2017年8月より再び渡米。日々の生活記録です。


by fromsandiego

ますむらひろし☆宮沢賢治の世界

今月まで「大岡信ことば館」にて
『ますむらひろしが描く宮沢賢治の世界』ってのがやってます。
f0200863_14231397.jpg


娘と行って来ました。
私、ますむらひろしさんって知らなかったのですが、漫画家で
宮沢賢治の物語を題材にも多くの漫画を書かれた方のようです。
その原画展でした。

「銀河鉄道の夜」はアニメにもなったようで、ことば館で放映していたので、観ました。
実は音量が非常に小さくて、ものすごく聞き取りにくかったのが残念。
是非もう一度観たいな~。
本も読んだのに、こんな話だったかなぁと思ったので違うように理解していたのかも。
本ももう一度読もうと思ったのでした。


原画展に行ったのとは別の日に「宮沢賢治の物語の朗読&笙の演奏」のイベントがあり、それにも娘と行きました。
こちらは入り口すぐの天井が吹き抜けになっている部分で行われたので、笙の響きがすごく良かったです。
が、これも残念なことに朗読者の声が届きませんでした~。
1時間のイベントだったので、声が聞こえなかったら娘は退屈するだろうと「途中で帰っても良いよ」と何度も聞いてみたのですが、娘は「帰らない」と言います。
どうやら笙の音色に魅せられていたみたい。
イベントが終わってからも、前に出て行って笙を近くで見せてもらって演奏者から説明を聞いていました。



私も笙を間近で見たので初めてでした。
17本の細い竹が円形に組まれているんですね。
吹き口に近いほうの竹の先に金属(何だったか忘れました)がはめられていて、その金属には鉱石(石の種類も忘れました、緑色の石です、笑)をすり潰して粉状にしたものが塗られていて、その石の粉を付けないと良い音が出ないとか。
不思議~!!!

大岡信館では良いイベントが沢山おこなわれています。
後は音響を何とかしていただければなぁ~、良いのになぁ~。
[PR]
トラックバックURL : https://fromsandie.exblog.jp/tb/24566841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by fromsandiego | 2015-10-13 14:30 | 舞台・イベント | Trackback | Comments(0)