2008年9月SDへ→2013年6月に帰国。小3・2学期からの娘の英語維持の取組みを書き綴っていましたが、2017年8月より再び渡米。日々の生活記録です。


by fromsandiego

韮山反射炉、江川低、と伊豆ワイナリー

娘不在のシルバーウィーク2日目と3日目は私の母と兄が京都から来ることになっていて、伊豆ワイナリーで1泊の予定でした。

伊豆に向かうなら「韮山反射炉」を見に行こうということになりました。
世界遺産に登録されたので混み合っているだろうと、こんなに近くに住みながら、一度も訪れたことが無かったのです。
f0200863_2117458.jpg

思ったほど混んではおらず、すんなりと駐車できました。
反射炉はこの写真に写っている3基(裏側に1基あります)だけなので、見学時間もそんなにかからないのが混雑していなかった大きな理由の一つだろうと思います。
けど、そんなに広くは無いとは言え、ボランティアガイドの方々が詳細に説明してくださるので、とても面白かったです。
色々な質問にすべて答えてくれ、知識の深さに感心しましたし、彼らの活躍が無かったら、この観光は成り立たないのではないかと思いました。


さて、宿泊は「伊豆ワイナリーヒルズホテル」です。
ワイナリーツアーに参加しました。
f0200863_21274039.jpg

このワイナリーはシダックスの社長である志太さんが作ったそう。

実はこの土地は特別ワイン作りに適している訳ではないんだそうですが
志太さんの故郷である韮山の近くに作りたかったということで、ここにできたそうです。

雨が多い土地はブドウ栽培には適さないということで
葡萄に雨よけのビニールがかけられていました↓
f0200863_21325458.jpg
地面が雑草混じりになっているのは、できるだけ雨が土の中に入っていかないようにするためなんだそうです。

このワイン用の葡萄を味見しましたが、甘かった。
てっきり酸っぱいのかと思っていたので、新鮮な驚きでした。

ワイナリーツアーでは志太さんのワインセラーを見たり
f0200863_21353657.jpg

1本1千万円ほどで落札したというプレミア(アンティーク?)ワインコレクションを見たり
f0200863_21364480.jpg

志太さんはお金持ちなんだな、こういうことに満足を見出すんだな、と思いました。
なかなか面白かったです。


でも、日本で「この土地で)美味しいワインを作るって、なかなか難しいのかもしれません。
このワイナリーで美味しいなと思うのは5,000円も6,000円もするので、一般市民の私には普段飲みにはできません。
手が届く範囲だと、やはりフランスやカリフォルニア、チリワインの方が俄然美味しい。


ホテル、ワイナリーヒルズはグラウンドやテニスコートがあって、スポーツの合宿に利用されることも多々あるようです。
私たちが行ったのはシルバーウィーク真っ只中だったので、それなりのお値段がしましたが、食事がいまいちで、期待値をかなり下回りました。やはり合宿使用に適したお宿だと思いました。



さて、翌日、韮山反射炉付近まで逆戻り。
f0200863_21525581.jpg

前日時間が無かったために見学できなかった江川低を見るためです。
江川低は江戸時代末にこの辺一帯を統治していた江川英龍氏の邸宅です。

ここでもボランティアガイド(もしかしたら、ボランティアじゃないかも。。。)さんが詳しく説明してくれて、とても面白かった。
シルバーパワーってこういう風に役立つんだなと、妙に感心してしまいました。
[PR]
トラックバックURL : https://fromsandie.exblog.jp/tb/24500517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by fromsandiego | 2015-09-23 21:53 | 散策 | Trackback | Comments(0)