人気ブログランキング |

2008年9月SDへ→2013年6月に帰国。小3・2学期からの娘の英語維持の取組みを書き綴っていましたが、2017年8月より再び渡米。日々の生活記録です。


by fromsandiego
中国語の宿題

「中華料理店に行き、中国語で注文する。その様子をビデオに撮って提出」だって~。
実際に注文するのは1皿でも良いが、最低3皿について店の人に料理内容を尋ねるのがミッションならしい。

友達4人と約束して一緒に行きました。
レストランの中まで付いて行った親はおらず、子どもたちだけだったそう。

美味しくて、楽しくて、お腹いっぱいになって帰宅しました。


もともと数少ない深~い友達を作る傾向にある娘。
8年生では軽いいじめにあい不安なスタートだったアメリカ生活。
でも、こうやって友達と約束して楽しく過ごせるようになってホント良かったです。


いじめに関してですが、
娘は小学校の時に2度ほど鍛えられました。
それをきっかけに「どういう子が本当の友達か、自分はどういう子と関りが持ちたいのか」考えられるようになったと思います。
だからその時はきっと嫌な思いをしているでしょうけれど、耐える力はついているなと。
おとなしい(&言い返せない/多分これがいじられる原因?)けれど芯はしっかりしているので大丈夫、大丈夫。
それに「あんなに酷い事を言われたりされたりしたのに?!!」と私は思うのですが
娘:「そんなに悪い子じゃない」と言って付き合いを再開させたりしています。

大人になっても人間関係難しいもんねー
自分で解決するしかないからねー


さて、宿題に話を戻しますが
ビデオを撮ってくれたお友達が編集してから送ってくれるらしく、
宿題がきちんとできたかどうかまだ確認できていません笑



# by fromsandiego | 2019-05-21 01:32 | アメリカHigh School高校 | Trackback | Comments(0)

2019年~夏休みの計画~

今年は深く考えず早々と日本への夏の一時帰国のフライトを予約してしまいました。
去年は人間ドックを受けたものの結果が送られてくる日までは滞在できず💧だったので、
今年は少し長く…と思っていたら、ちょっと長過ぎたかな(;^_^Aと思い始めました。

…と言うのも、SDでサマーキャンプなどの活動をするには時間が足らず、
日本では特に計画立ててないから暑くて結局ダラダラ過ごす可能性が大きいと後になって思いました。

周りの方々が将来につながることを考えた子どもの計画を色々立てておられるのを聞いて、益々「私あかんやん💧」感が膨らんできています笑。


遅ればせながら考え始めました。


●夏の過ごし方 その1:「ボランティア」できないかな?
1か所は去年もさせていただいた所でのボランティアが決まっています。

娘の希望は:バイオリンの演奏がしたい、カフェで接客したい。
調べましたが、日本で(関西)子どもがバイオリンの演奏ができる場所ってなかなか探せませんでした。
カフェはでの接客って、知り合いでもいない限り難しそう???

で、ふと思いついたのが、私の元職場である青少年育成に関わる施設。
最初に私がメールし、続いて娘に依頼メールを送るように言いました。


丁寧な言い回しを使い慣れていないので
例えば「いただけますか」と書きたいところを「くれますか」にして、最後にクエスチョンマークをつけると言った感じ。
また、「いただきたいです」は強すぎるから「いただけないでしょうか」の方が良いなぁ、という感覚が分からないのです。

あとは、「私は〇〇ができます」だけでは不十分だということ。
「〇〇ができるから、それがどうその施設の役に立つ可能性があるのか」までを書かないといけないと思うのです。

他には「自分が思っていないことや、イメージできないことは書かない」こと。
娘は最初に「私は英語で外国人に日本の文化を説明することができます」って書いたんです。
だけど、文化って何?何をどう説明するの?と訊くと???です。
そのことについて更に説明を求められて答えられないのは具体的な内容が考えられていないからですよね。
だったら例えば「折り紙が教えられます」「漢字が教えられます」の方が誠実さが伝わります。

日本で普通に育っている子だったら多分10分あれば書けるような内容を2時間かけて書いた娘ですが、これだけでもとても勉強になりました。


母(私):あなたのことが魅力的だと思ったら、少しくらい無理をしても受け入れてくれることだってあるかもしれへんよ。だけど本当の事を誠実に、前向きに自分の頭で考えたアイディア出さないとあかんと思う(ブレインストーミング的に他の人の意見を聞くのは良いけど、娘は自分で考えないで私にアイディアを出してと言ってきた)。実際にやるのは自分やで、ママちゃうで。口先ばかりの提案はすぐバレる。この人には任せられへんと思わはるで。まあ、先方は仕事やから色んな事情で受けられへんかもしれんけどベストを尽くす価値はあると思うけどな(そこに期待をかけ過ぎないこと。ダメだったら次を探すこと。)

娘:分かった。

母:それからこのボランティアあんた本当にやりたいの?やりたくなかったら別にしなくて良いよ
※無理矢理だったら効果低いだろうから念のため確認

娘:やりたい!


もしボランティアが出来ることになれば、それに向けて準備することになるので、すごく良い。

でもダメだったら次のアイディア出さないとなー。



もう一つ、SDのアニマルセンター(保護された動物施設)でのボランディアを見つけたのですが夏のボランティア募集はすでに終了してました。
娘は動物が大好きなので良いな!と思ったのだけど…
絶対やりたいことはもっと早くしないといけないのね(;^_^A勉強になった


●夏の過ごし方 その2:日本での体験を発表する

娘は高校であるクラブに入っています。
このメンバーたちが日本のことを調べてプレゼンし合っているらしいのです。
自分も発表したい!と。
普通だったら単に「寺に行く、祭りに行く、浴衣を着る、和菓子作りを体験する、座禅や写経を体験する」だけのところなんだけど「発表する」目的があればちょっとは気合が入るかなと思います。

母:プレゼンテーションの仕方も事前にちょっと見てみたら良いんじゃない?
娘:うん

これは任意なので「やっぱりやーめた」ってことになるかもいしれないけどね。






# by fromsandiego | 2019-05-07 02:03 | アメリカHigh School高校 | Trackback | Comments(0)
知り合いが履いていたホワイトデニムのワイドパンツがすっごく格好良くて
白のワイドパンツを探して何軒もお店を周った。

私はトレンドには全く疎いのだけれど
今、ワイドが流行ってる?どの店にも置いてあった。

けど、最小サイズでさえ大きい。ウエストがブカブカ…。

で、諦めかけていた。
けどもう1軒だけ、と今日行ってみた。
50%オフのメールが入ったから。

試着をしたら何とピッタリ!
だけど「ハイライズ」と表示してあるのに私には普通の長さ。
やっぱり足が短いのかな…と思いつつ、マネキンが着ているのをふと見ると裾の折り返しの仕方が明らかに違う。
ん!?
店の人に聞いてみると、私が試着したのはオンラインで注文できる商品らしく、誰かが返品したものが店頭に並んだのだろう、と。
オンラインでないのを試着するとやっぱり大きい。
オンラインではサイズ0よりも更に小さいサイズが売られているのだとか。
※私が特に小さいわけでは無く、日本人の標準サイズです。
じゃあ、このオンラインのを購入しよう!と思ったけど何だかちょっと薄汚れていた。
で、店頭で注文して自宅に届けてもらえるようにすると…

店員:(注文画面を見ながら)おっ、今40%オフだ。ラッキーだね! 
私:そうなの???

お会計がTax入れて13ドルだったんですよ!???


でもね、計算が合わない。
私が見たセールの宣伝には「$60の商品が50%オフで$30」だった。
そこから更に40%オフだっとしても$13ではないよね???

自分でオンラインストアで検索したけど、それと思われる商品は無かった。

どうなってんの?
私はどの商品をオーダーしたの?
しかも自分では探し当てられないって…


娘は白い服が大好き。
まだまだこぼし物が多くすぐ汚すので白いパンツは買ってあげるのに二の足踏んでしまうけど、こんな値段で買えるなら汚しても良いか、と娘の分も購入。
とは言え、ボチボチ自分の好みが出てきているので「着ない」と言われる可能性無きにしも非ず。
喜んでくれると良いのだけれど…




# by fromsandiego | 2019-04-23 06:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

NYC旅行☆感謝

今回の旅行は娘と二人だったので旅行記録の中にパパは一度も登場しない。
でも、パパなしでは行くことはできなかったな。


元々の旅行のきっかけは「高校生活のストレス解消に何か楽しい計画をたてよう」。
「NYCに行く」と決めたものの、旅費(ホテル代)が半端なく高くて予約を躊躇している私を見て

パパ:ホテルは便利な場所にしておいた方が良い。NYCはそれくらいするって。
   そのベッドで二人寝るのは狭いと思うからUp gradeする方が良いよ。   

早朝&深夜の空港までの送迎も快く引き受けてくれ

おかげで素晴らしく楽しい時間を過ごすことができた。
ストレスで体調を崩したあと元気を取り戻したように見えていた娘は、旅先で更に気持ち&態度が明るくなったように思う。




感謝といえば…
平成31年度 東京大学学部入学式の上野千鶴子氏による祝辞に以下のような内容が含まれていましたね。

「あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。」



これを読んで改めて
私は自分がとても恵まれた環境にいること、そしてその環境は自分の努力じゃなくて周りに支えてもらっているからなんだなぁ、と。

そして今度は社会に還元しなあかんなぁ。
最初のステップとしてパパに優しくしようと思ったのでした笑














# by fromsandiego | 2019-04-17 09:58 | 母と子の二人旅行 サンディエゴ | Trackback | Comments(0)

NYC旅行 Day7

いよいよ最終日
夜8時の便でSDに帰ります。

朝いちから
娘:フライドポテトが食べたい!ビーガンの油で揚げないお店があるんだよ!

ここまで来てフライドポテトなの???
By Chloeという店へ
f0200863_13085122.jpg
朝10時開店で、行ってみたら店員さんが「今から機械を温めるから」と20分以上待ったかなぁー。
日本だったら開店に合わせて売れるように準備しますよね?
アメリカらしい、笑える。
f0200863_13082452.jpg
待っている間、このソース↑をペロペロ舐める娘。
右側のChipotle Aioliというのがピリ辛のオーロラソースみたいな味で美味しかった。
出た来たフライドポテトはベタッとしていて油で揚げてはいないんでしょうけど、恐らく油がたっぷりまぶしてあるような感じでした。
けど、娘が「美味しい♪美味しい♪」と大満足していたので、私も満足('◇')ゞ




『MOMA/近代美術館』
f0200863_13191570.jpg
あと一か所行ける時間しか残ってないなか、MOMAを選択。
娘も私も近代美術が大好きです。
f0200863_13180987.jpg
小学校3年生で油絵を習っていた時にモネの絵を模写したことがあって以来、モネに興味がある娘。

それからこんな絵↓にもじーっと見入っていました。
f0200863_13184834.jpg
絵の具が盛り上がるようにキャンバスに広がっているのが面白いのだと思います。
人によって惹きつけられる部分が違うのだな、と改めて思いました。

貸出オーディオガイドもあったけど、蘊蓄抜きに純粋に作品を楽しみたい気分だったので借りませんでした。
近代美術フロアーは本当に良かった♪
現代美術になると「これ、私でも描けるんちゃう???」みたいなのとか理解しがたいのもあってサラッと鑑賞させていただきました。


住んでいるならメトロポリタンのような大きな美術館に何度も足を運んで楽しむ方法があるけれど、
一日となるとMOMAくらいのこじんまりした美術館の方が良いですね、私たち親子には。

ギフトコーナーに置いてあるものも面白くてゆっくりたっぷり過ごしました。

二人で撮った写真がほとんどないのですが、MOMAで記念撮影↓
f0200863_13301343.jpg
MOMAを後にして、
娘:カップケーキが食べたい。またさっきの店に行く!
と、再びBy Chloeへ。

その後、私の希望でもう一度あの美味しかったスモークサーモンベーグルを目指して行ったら、何と10分前に閉店していました。
まだ2時半だよっ!!!土曜日だよ???儲ける気は無いの???笑
仕方なく近くのベーグル屋を検索&Go
f0200863_13320249.jpg
卵と野菜のベーグル
美味しそうに見えるでしょ?でもこれまずかったの( ゚Д゚)
パンが硬くて硬くて、かじったら中身が全部押し出される…みたいな。
NYC最後のベーグルなのに~~~残念(-_-;)
でもきっとこれも良い思い出になるはず。


ところで、この日地下鉄でウロウロしている間にどうやら土曜日はE線が運行してなさそうな表示を見かけた。
NYC入りしたのが日曜の夕方なので週末の地下鉄事情が分かっていない。
焦った。
だって帰りの便は着た時とは違うJFK空港でE線で向かおうと思ってたから。

途中こんな表示も↓
f0200863_13322683.jpg
E will not serve this station…という事は走ってる駅もあるってことだよね???


駅員さんに尋ねようと駅に行くと…
地下鉄の駅員さんは券売機のメンテナンスをしていて、その横に警察が偉そうに立っている。
駅員さんに声をかけようと近づくと「俺に訊け!」と。
私:今日JFKに向かいたいんだけどE線は運行してないんですか?
警官:してない。Aで行け
と、偉そうに。

A線で行けることは行けるけど初心者の私にはE線の方がシンプルに空港にアクセスできそうなの。
しかもこの人地下鉄の人ちゃうし。警官やし。詳しくないやろな…。

更に訊こうとすると、何と無視するではないか!!!

この人あかんわ、と見切りをつけて一つ先の駅員さんに尋ねるととっても丁寧に教えてくれた。
Herald Sqという駅のR線のプラットフォームにE線が走っていると。
途中まではR線の駅に止まって途中からE線の駅に止まりだすらしい。
電車自体にはEと表示されていると。

会話の中でRとしか言わないので、それが何を指しているのか(滞在中R線には乗らなかったので)分からなかったからしつこく聞いたけど本当に辛抱強く教えてくれた。

ちなみに、さっきの警官が例外的にぶっきらぼうなだけで、たいていの人は親切に教えてくれる。
それにアメリカ人は知らなくても「知らない」とは答えず適当に返事するから最低3人には訊いた方が良いとのこと。確かにそういう場面多々あり笑。


それにしても土日は運行時間が変わるのは理解できるけど、観光客が多いマンハッタン~空港のアクセスがこんなに不便なるってあり得ない。

運行が遅れることもしばしばあると聞いたのでこの日は特別早く空港に向かうことにした。
飛行機に乗り遅れたら大変だからね。

すんなりTransit Trainの駅まで移動でき、国際線並みに早くチェックイン。
遅れて焦るよりは良いよね。

Transit Train↓
f0200863_14002071.jpg
電車からの景色↓
f0200863_14004949.jpg
Transit Trainの駅まで来ると、ガラッと周りの雰囲気が変わるの。
治安が良くなさそうな、生活レベルがそれ程高くなさそうな感じ(違うかも、だけど)。


こういうのは実際に行ってみないと分からないね。
マンハッタンも5番街とかセントラルパーク近くは割と綺麗にしてあるけれど、その他のエリアは薄汚い。
道にゴミだらけ。排気ガスもすごい。

人も建物もザワザワしていて、うるさい&活気がある。
That's two sides of the same coin.


娘との二人旅行、本当に楽しいものになりました。
またどこかに行きたくなってしまったな。







# by fromsandiego | 2019-04-16 15:09 | 母と子の二人旅行 サンディエゴ | Trackback | Comments(0)